同じ水漏れでも蛇口の種類によって修理が違っていて、シングルレバー混合水栓だと大体はレバーの下や接続物なども考えられて、この場合はパルプが故障している可能性も高いです。最初にレバーハンドルを抜いてレンチでナットを緩め、故障したパルプを新品と交換しレンチでナットを閉めます。レバーを元に戻してから正常に動かを確認して、スパウトの上下から起きているときは慎重に作業をします。蛇口のスパウトからの水漏れ修理ですが、スパウトとは吐水口につながる細い管のことでこの上下から起きているときは複数原因があって、スパウトの故障やナットの緩み、パッキンの不具合にパルプの故障です。

最初にどれが原因で起きているかを見極める必要があり、レバーハンドルを引き抜いてレンチを使ってナットの緩みを調べます。ゆるんでないときは、スパウトの内部やパッキンには損がないかを確認して、傷があるなら新しい部品へ交換します。お風呂場の蛇口漏れの修理は、ハンドルを回して水を出しているときに付け根から起きているときは、三角パッキンなどの水道パッキンを交換します。最初にドライバーなどでハンドルの中央にあるハンドルキャップを外して、キャップの下にあるねじを外しハンドルを取り外します。

次にカバーナットと三角パッキンがあるので、カバーナットを外しパッキンを交換します。部品を元に戻してから水道の蛇口から水を出してみて直っていれば作業は終わりです。パッキン交換ならそれほど難しくないので、家に工具などがそろっているなら自分でしてみても良いです。岡山のトイレの水漏れのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です