お風呂場にあるハンドル混合水栓型の蛇口で、閉めても吐水口から水漏れが落ちる場合の修理はケレップというパッキン交換作業で直ることもあります。ただ、パッキン交換をしても水がぽとぽとと落ちるときはケレップの上にあるスピンドルという部品交換が必要で、それでも改善しないときは本体ごと交換しなければいけません。サーモスタット混合水栓タイプの蛇口からの水漏れの修理だと、シャワーヘッドやカランから起きているときは開閉バルブの劣化や故障が原因です。開閉バルブの交換はメーカーや商品で違います。

一般的には最初に止水栓を止めて水が出ないようにし、これは本体の両方にあるのでどちらも閉めておきます。ハンドルは引っ張って外す方法と、ねじを外してから引き抜く場合が多く、ねじ式だとハンドルの側面にあるキャップを外すとねじが出てきます。カランやシャワーのマークがついている表示リングを外しますが、取り外すときに少しリングを曲げる必要がありますが力を入れすぎると折れてしまうので要注意です。固定ナットは大変固いのでホームセンターなどで売っているウォーターポンププライヤーなどを使い外します。

次にスペーサーという白い器具を引き抜いて、これはバルブの軸を固定すると同時にカランとシャワーを切り替えるときの音を鳴らす役割を持ってます。それから開閉バルブを外しますが、これはただ引っ張るだけで外せて、古い開閉バルブから新品へと交換しあとは逆の手順でもとに戻していけば蛇口漏れの修理は終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です