中古マンションを購入する前に確認しておくこと

中古マンションは物件ごとに状態がバラバラなので、購入前に必ず下見をして現状を自分の目で確かめておく必要があります。
おざなりなチェックしかしないで物件を購入してしまうと、購入後に思わぬ不具合や設備の故障が発生しても修理費用は自己負担ということになってしまいます。

賃貸アパート経営なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

中古マンションの設備は経年劣化により故障しやすくなっていますから、必ず事前の下見で状態を確認しておきましょう。

もしチェック中に故障や不具合を発見したら、不動産業者と一緒に状況を確認して修理費用の負担は誰が行うのかをはっきりとさせておきましょう。

下見段階であれば売主側の負担で修理してもらえることもありますし、不具合を理由に値引き交渉を行うことも可能です。

最近は中古マンションを自分好みに改装するリフォーム工事が流行っています。購入後に室内の大規模なリフォームを計画しているのであれば、リフォームについてのマンション規約を確認しておきましょう。


マンションによっては規約でリフォーム可能な範囲を定めていることがあります。

最近何かと話題のアパート経営の税金に関する特集の情報が満載です。

特に間取りの変更をするような大規模な工事は、安全上の理由から自分たちの判断だけでは行うことが禁止されていて、管理組合などの同意が必要になる場合があります。



購入後に工事を始めようとしたらストップがかかってしまったということになってしまったら大問題です。

不動産業者にはリフォームを予定していることを事前に説明しておいて、条件に合った物件を紹介してもらいましょう。