学校行事で尾瀬にハイキングに行く長所と短所とは

学校行事で尾瀬にハイキングに行くと同級生達と楽しく登れる、目的地で食べるご飯が普段より美味しいなどが長所です。

日帰りでスノーボードについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

尾瀬でハイキングを同級生達としていると、登りながら色々な雑談をすることが可能です。

雑談しながら移動していると、ハイキングによる疲労を感じにくくする効果も期待できます。
先生の許可が必要ですが、尾瀬の景色は美しいため、カメラで撮影しておくと記録に残ります。

そして家に写真を飾っておくと、写真を見ながら家族と会話を楽しむことができるので機会があれば撮っておきましょう。あと、目的地に到着する頃にはお昼になっていると想定されます。
バッグに背負ってきたお弁当を出して友人達と食べると、普段よりも美味しいと感じるはずです。
おそらくですが、到着するまでにかなりの距離を歩き、沢山の汗を流したと思われます。

身体が疲労している状態なので、ご飯だけでなく飲む水も美味なのは納得できます。

短所は次の日に筋肉痛になる、バスで途中まで行く場合は酔うことあるなどです。



ハイキングをした次の日に全身が筋肉痛になるのは自然の流れと言えます。
ですが、次の日の学校は休みになる場合がほとんどなため、家でゆっくりと休むといいです。
痛みがひどい箇所には家族に湿布を貼ってもらうと、半日もすれば症状が緩和されます。



また、バスで尾瀬の途中まで行く時は、カーブが多いので酔ってしまうことがあります。


酔い止め薬を出発前に飲んでおくと対策に効果的です。