尾瀬の日帰りハイキング

尾瀬は、自然保護を目的として、道が歩きやすいように舗装されています。よって、足に負担がかかりすぎることなく、日帰りでのハイキングを楽しむことができます。

さまざまなコースがあり、自由なプランを組み立てることができます。

ハイキング初心者には、体調や天候にあわせて変更が可能、かつ比較的平坦で歩きやすい、定番コースがおすすめです。


どの時期でも尾瀬ヶ原に美しく咲き誇る、季節の植物の観察を楽しむことができます。

尾瀬を訪れる人の、約4割がこのコースを利用しています。

日帰りスキーの珍しい情報をご紹介しています。

群馬県の鳩待峠から入山が可能で、関東から訪れやすいことも理由の一つです。
歩行時間は、3時間から7時間ほどで、日帰りでも十分楽しむことができます。
福島県の沼山峠から入山するコースは、片道わずか45分で、ニッコウキスゲ、ワタスゲの大群生で高い人気を誇る、大江湿原までたどり着くことができます。少し足をのばせば、尾瀬沼周辺の散策も可能です。


小さなお子さまから、年配の方まで、ファミリーでも楽々、日帰りでのハイキングができます。沼山峠からは、日帰りで燧ヶ岳に登山することも可能です。

燧ヶ岳は、日本百名山の1つであり、山頂から見下ろす尾瀬の風景は、とても大きな達成感を与えてくれるものです。



小学校高学年以上であれば、お子さまでも登頂することができます。



また、地図を読むスキルが必要となるため、登山経験者や、ガイドの方に同行してもらうことをおすすめします。